読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の声が聞きたくて。

関ジャニ∞をこよなく愛する主婦eighter。でも、一番は旦那くんってことにしておこう。

大倉くん担当になるまでの歩み。

 
 
 
おはようございます。
あいぴょんです。
 
 
 
前回は関ジャニ∞に惹かれたきっかけを綴りました。
今回は私がどんな経緯で大倉忠義くんの担当になったのかについて綴りたいと思います。
 
 
 
まず、大倉くんを知ったのは関ジャニ∞を知ったのと同時なので、私が15、16歳の頃になります。
大倉くんを初めて見たときの感想は
 
 
 
かっこいいけど、なんか惜しいなこの人
 
 
 
でした…(ごめんなさい)
今でこそグループ内でも1.2を争う人気で、MCでもよく発言して、大声で笑う声が印象的な大倉くんですが、皆さんもご存知のように当時の彼は個性豊かすぎる関ジャニ∞の先輩方に隠れてあまり目立たず、むふむふと控え気味に笑う、一歩引いて見える存在でした。
そんな彼を見て、長身でスタイルも良くてかっこ良くて万人受けしそうな顔しているのに目立たないなんてもったいないなーなんて10代の私は生意気にも思ってしまっていたのです。
実際に当時関ジャニ∞のファンではない友達に
『この人誰?』
って聞かれたことありますし…泣
 
 
 
惜しいなーこの人と思いつつ、なんだかその控えめな態度と可愛らしいむふむふ笑いに惹かれるなーと当時錦戸くん担当の私は思っていたのです。
 
 
 
そう、前回も書いた通り当時私は錦戸くん担当でした。
正直言うとなんで好きになったのか曖昧なんですけど…汗
当時NEWSも掛け持ちしていてドラマもたくさん出て、関ジャニ∞の中で個人的に一番メディアの露出も多かったので必然的に目に止まるようになり、演技とか歌とかタレ目とか(←)もう全てに惹かれてしまったんですね。
特に独特な歌い方が大好きでした。
関西丸出しの彼らに惹かれた割に、やっぱり男前が好きになってしまう当時の私に少しツッコミを入れたいですが…
ここから6年ほど錦戸くん担当として関ジャニ∞及びNEWSを応援していくことになるわけです。
そしてその後に3年ほど関ジャニ∞と距離を取るようになります。
これについてはまた違う機会に触れられたらなと思うので割愛します。
 
 
 
関ジャニ∞から少し距離を取った時からそれまで集めていたDVDやCDを鑑賞しなくなったのですが、ある時ふと∞UPPERSのMUSIC FILMが見たくなったんですね。
その時です、大倉くんを見て
『あれ?この人こんなにかっこ良かったっけ?』
『なんでこんなに目を惹くんだろう?』
こう思ったんですね。
もうそう思い出したら止まらなくて、手持ちのDVDを引っ張り出して自分の中で大鑑賞会を行っていました。笑
でもいろんな映像を見てもやっぱり目に付くのは今まで担当だった錦戸くんじゃないです。
大倉くんなんです。
大きな身体を活かしたダンス、甘くアイドルらしい歌声、あざとく可愛い笑顔、大きな口を開けて笑う姿、そしてダイナミックなドラム、ドラムを叩きながら歌う横顔…
控えめにむふむふ笑うのも大好きだったんですけどね。
今の笑い方も大好きですけど。
特に惹かれたのは大倉くんの声でした。
低めの優しい甘い声。
10代の頃は気が付かなかったけど、大倉くんの声が個人的にどストライクだったみたいです。
気が付いた時には大倉くんの魅力にどっぷり浸かり、担当になったのが割と最近の話です。
 
 
 
こんな感じで大倉くん担当になったのですが、彼の一番好きな所を上げるとすると、やはり『声』です。
話す声も、歌声も、笑い声も全部好きです。
このブログのタイトルにも大好きな『声』に関連付けたくて今のタイトルに決めました。
分かってくれる方もいらっしゃると思うんですけど、ふと彼らの声が聞きたくなる時ってありませんか?
そんな気持ちをそのままタイトルにした感じです。
 
 
 
まだまだ大倉くん担当としては日が浅い私ですが、今も昔も関ジャニ∞が大好きなのは変わりありません。
大倉くん担当と名乗ってはいますがもちろん関ジャニ∞の全員が大好きなので、全員応援しています。
 
 
 
というわけで、大倉くん担当になるまでの歩みでした!
 
 
 
またむふむふ笑いが見たいな…