君の声が聞きたくて。

関ジャニ∞をこよなく愛する主婦eighter。でも、一番は旦那くんってことにしておこう。

彼らに魅せられたのはいつからか。

 
 
こんばんは。
あいぴょんです。
 
 
 
つい先日ブログを開設いたしまして、今回が本格的なブログスタートとなります。
まだまだ不慣れですが、よろしくお願いします。
 
 
 
そんな今回は、私あいぴょんがいつから関ジャニ∞に魅せられて惹かれてこんなに好きになってしまったのか、そちらをつらつらと綴っていきたいと思います。
私の脳内整理にもなりますので、お付き合いいただけるとありがたいです。笑
 
 
 
まず、私がジャニーズと言うものに興味を持ったところからお話を始めたいと思います。
が、本当に長くなりそうなので、ある程度のところまで年齢順に並べてみたいと思います。
 
 
 
4歳頃:SMAP木村拓哉さんに恋をする←
          同時に『ジャニーズ』を知る
6歳頃:『8時だJ』にはまる
           現在嵐の二宮和也さんを好きになる
          (生まれて初めて買ったCDは嵐のデビュ
            ー曲)
10歳頃:私の中のジャニーズブーム落ち着く
            (モーニング娘。にはまっていく)
14歳頃:NEWSデビュー
            (ここで錦戸くんをしっかりと認知)
            関ジャニ∞デビュー
15歳頃:私的第二次ジャニーズブーム到来
 
 
 
こんな感じで続いていく訳です。
15歳頃までのは割愛させて頂いて、私的第二次ジャニーズブーム到来から綴りたいと思います。
 
 
 
この頃、『ごくせん』が大ブームだったんですね。
そう、仁亀ブームです。
仁派、亀派で別れたの懐かしい…
私もこのドラマをきっかけに亀梨くんに惹かれ、どっぷりとはまっていくわけです。
そして、周りにいたジャニオタの友達をきっかけに『担当』と言う言葉を知り、亀梨くん担当となりました。
当時まだKAT-TUNはデビュー前で、少年倶楽部も見れない環境にいた私は、その頃持ち始めたケータイでKAT-TUNの動画を探しては見たり、着メロや着うた(懐かしい…)を取りまくり、デコメ(これも懐かしい…)素材や画像を探したりと着実にオタクロードを進んでいたのです。
 
 
 
そんな時に関ジャニ∞と出会うのです。
少年倶楽部の動画を見ていると時々出てくる関ジャニ∞
関ジャニ∞はデビューした頃からグループ名は知っていましたし、すでにリリースしていた2曲もなんとなく聞いたことがあるぐらいであんまり注目していなかったんですね。
あー、あの演歌でデビューした関西の人達ね、錦戸くんと内くんが掛け持ちしているちょっとおもしろいグループね、みたいな。
でも3曲目の『好きやねん、大阪。』を聞いた時、かなりの衝撃を受けました。
なにこの曲、めっちゃ関西丸出しじゃん!
曲中にコントとか入っちゃってるし!
全然ジャニーズっぽくない!
でも本気でやってるところかっこいい!
こんな感想を抱きました。
それまではKAT-TUNの動画ばかり見ていたけど関ジャニ∞も改めてしっかり見てみようと検索してみると、これがかなり面白い!
本気で笑いを取っていくアイドルって斬新すぎる!
何よりグループみんな仲良しって最高!
この頃KAT-TUNは私の中でトゲトゲした厳ついアイドルグループだったので、関ジャニ∞の仲良く戯れる姿がとても好印象ではまっていくのに時間はかかりませんでした。
テレビなどもチェックし始め、そこで見る関西丸出しのトーク、芸人顔負けのボケとツッコミ、アイドルなのに何でもやります的なノリの良さ、売れたいと言うハングリー精神、でもアイドルらしいかっこ良さも忘れないし、歌も上手い。
かっこいいだけがアイドルじゃない、かっこ良さだけを売りにしていないアイドルがジャニーズに存在したと言うことに頭を強く打たれたような衝撃を受けたのです。
そんな関ジャニ∞の中でも特に錦戸くんが好きになり、亀梨くん担当改め錦戸くん担当となったのが確か15か16歳の頃。
 
 
 
あれ?この前の記事で大倉くん担当って書いていなかったっけ?
そうです、今は大倉くん担当です。
実は大倉くん担当となったのは割と最近の話でして…
これはまた別の機会に。
 
 
 
いろんなことを思い出してまとめてみると私は彼らの全てが好きですが、特にグループの結束力とかっこ悪いことも本気でやって全力で笑いを取るアイドル離れした彼らに惹かれたんだと思います。
良い歳してかっこ悪いとか言う人もいるかもしれないけど、そんな関ジャニ∞が私は大好きなんです。
共感できない人もいるかもしれませんが、あくまでこれは私の見解です。
好きになった理由は人の数だけあると思いますから、こんな考えの人もいるんだなーみたいに思ってくれると嬉しいです。
 
 
 
と言うことで、彼らを好きになって今年で約11年になります。
こんなに長く同じグループを応援するなんて思ってもいませんでした。
正直、この11年の間にも彼らから少し距離を取ったり、eighterを続けようか迷った時期もありました。
こちらについてもまた別の機会に触れられたら良いなと思います。
 
 
 
でもひとつだけ言えることは、彼らを好きになったことに後悔なんてしていないと言うこと。
 
 
 
これからも最高で最強の関ジャニ∞について行きます。
 
 
 
あ、前の記事で実年齢をあいまいにしていたのに今回の記事で当時の年齢を書いてしまったから計算したらわかっちゃう!
さっそくやっちまった感がありますが、面倒臭いので直しません。笑
わかった方がいてもそっとしておいて下さい。笑
いい歳してあいぴょんとか…って思った方もそっとしておいて下さい…