読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の声が聞きたくて。

関ジャニ∞をこよなく愛する主婦eighter。でも、一番は旦那くんってことにしておこう。

sorry sorry loveを聴いてアイドルの恋愛について考える。

関ジャニ∞ アルバム曲 その他

お久しぶりでーす!あいぴょんでーす!
更新しない間にエイトさん界隈ではいろいろありまして。
パノラマ発売、冬コン当落、罪コン・新曲詳細…
ちなみに冬コンは自分名義で名古屋24日が当たりまして、さらにお友達が当ててくれた名古屋25日と譲っていただいた東京18日にも参戦できることになったのでこの冬は3回エイトさんに会えます!嬉しい!
初遠征なので今からとっても楽しみです♡
もしいつもお世話になっている方でお時間合う方がいらっしゃったらぜひご挨拶させて頂きたいななんて思っていたり…あ、でも私に会いたい人なんていないよね、そうだよね…

こんな感じでツアーまで能天気に日々を過ごそうと思ってたんですけどね、今年一番じゃないかと思うぐらいのビッグニュース(見る人が見ればバッドニュース)が入りまして。
やってもーたな、大倉氏。
アイドルの恋愛について考えていた時に今回の件が起こってなんてまぁタイムリー!と思いまして、せっかくなので文字で残そうかと思います。

※以下先週発売されたフライデーについても書いてあります。閲覧注意です。



sorry sorry loveはエイトさんの楽曲の中で上位に入るほど大好きな1曲です。
大好きだからこそたくさん聴き込んできたんですけど、聴くたびにいつも『アイドルと一般人の恋を歌ってるみたいだなー』と思っていたんですよね。(超個人的主観)
アイドルの“俺”と一般人の“君”の苦くて切ない、忘れられない恋のお話。
アイドルの“俺”と一般人の“君”は20代前半。
“俺”がまだ無名の頃から付き合っていて、“俺”の辛い下積み時代を陰ながら支えてもらっていた。
日に日に知名度も上がり、ありがたいことにだんだんとお仕事ももらえるようになって“君”と過ごす時間がだんだんと少なくなっていった。
ドラマの話をもらってその撮影、冠番組の収録などに追われる日々を過ごしている“俺”。
仕事が忙しいことを理由に連絡もろくに取らず、一緒にいるのが当たり前の存在になりつつあった“君”の優しさに甘えきって自分の夢である芸能界での成功を追うが故に“君”の笑顔がなくなっていくのに最後まで気が付かなかった。
“俺”の夢が“君”の夢だと思っていたし、何よりも若さが故に途中からお互いのことを見失ってしまった。
“君”を失ってから何が一番大切か気付いた、もう一度“君”とやり直したい…
これがこの曲を聴いて読み解いた個人的なストーリー。

◎すれ違う2人

君の中で俺が消える瞬間を感じたよ
忙しさをタテにしてた しみったれたやつだね oh
鳴らすはずのバースデーコール 痛いほどわかってたんだ
でも仕事が山積みで あと5分が待てなかった

約束なんて守れず 時計は今日も深夜をまわる
君からのメールは既読 だけど返す言葉ままならないまま
いつからか 勝手だね ダメなやつでごめん… oh oh oh oh

これはあくまで想像でしかないけど、芸能人って仕事は時間も不規則で、売れっ子になればなるほどとてもハードスケジュールだと思うんですよね。
ドラマの撮影にしろ番組収録にしろ、彼らって常に時間に追われてるイメージがある。
しかも目の前のことだけじゃなくて同時進行で進めないといけないものもたくさんあったり。
そしてそれらは必ずやり遂げなければならないし、失敗も許されない。
前にANNで大倉くんが『先のこと考えながら常に仕事をしているから、普段の生活では何も考えたくない』みたいなこと言ってたんだけど、普通の生活を送っている私たちに比べて想像つかないぐらいはるか先まで見据えてお仕事してるんでしょうね。
常に時間に追われて、目の前にあるお仕事も山積みで、そりゃ約束なんて守れないの仕方ないわって思うけど、やっぱりそこはちょっと自分のことも考えてて欲しいと願う乙女心が“君”にもあったのかな。

◎夢を手に入れた結果の代償は大きい

叶えたい夢の数だけ 気づかずに傷つけてたんだ
その笑顔 奪ったのは 俺なんて…嫌だよ

このサビの歌詞が一番リアルで一番ぐっとくる。
アイドルって、みんなを笑顔にするのが仕事だと思うんですよ。
でも、自分の夢を追うが故にたった1人の大切な人の笑顔を奪ってしまった。
何万人を笑顔にできてもたった1人の大切な人の笑顔を守れなかった。
アイドルという仕事をしているエイトさんが歌うとやけにリアルですよね〜
実際のところエイトさんの中でこんなに苦しい恋愛をしたことある人がいるかはわからないし、彼らの実際の恋愛遍歴なんて知る由もないけど、きっと彼らの仕事のせいで彼ら自身にももしかしたらファンにも傷付け傷付けられた恋もあったんじゃないかな。
芸能人、それもアイドルという仕事に就いたら普通の恋愛なんて出来ないし、恋愛は愚か、プライベートだってないに等しい世界。
でもそんな世界に夢を抱いて成功を手にするということは手放さなければならないものも多い、そしてその代償も大きいのではないかなと思わずにはいられません。

で、今回の件ですが。
私は全面的にアイドルが恋愛するのは賛成派だし、前回フライデーされた時も『大倉くん、お幸せに!』って思ってたんだけど、今回はツーショットの写真が載ってしまったことによって複雑な心境になってしまったのは事実です。
私以上に傷付いたり、落ち込んでいる方もいらっしゃると思います。
で、雑誌が発売されてから数日間冷静になって考えて思ったことは『芸能人ってやっぱり大変』ってこと。
テレビや雑誌で笑顔振りまいて散々カメラを目の前にしてお仕事しているのに、プライベートでは週刊誌のカメラに追われて記事にされ、一般人に遭遇したものならみんなスマホやケータイを持っているからそのカメラにも執拗に追われてSNSで拡散されて。
なんならその週刊誌やSNSで拡散されたものを見てやんややんや言われて。
生き辛い世の中ですよ、まったく。
休まる暇なんてないよね。
普通に買い物して、普通に友達と遊んで、普通に旅行してなんてこともままならない。
20代30代ぐらいの男女だったら恋愛だって普通にしたいだろうに、その普通だって叶わない。
だんだん普通ってことがどういうことなのかわからなくなってきそう。
ただ、そんな世界に足を踏み入れたのも夢を抱いたのも紛れもなく彼自身であって、それで成功を掴んでいるのだからある程度プライベートがなくなることに割り切りった考えと対策を取らないといけないことは確かで。
週刊誌なんて嘘をあたかも事実ですって塗り替えてしまうことがあるからあんまり好きじゃないし信じてない部分が大半だけど、今回みたいにツーショットが載ってしまうと信憑性が高すぎて動揺してしまう。
でも、もしかしたら2人の他に誰かいたのかもしれないし、たまたま2人で並んでいる時に撮られてしまってあたかもカップルで旅行行ってきましたーって感じで記事になってしまった可能性だってあるわけで。(可能性としては低いけれども)
真実は当人たちにしかわからないし、これについて語られることは今後一切ないと思う。

私はこれからも大倉くんに限らず他のメンバーにも自由に恋愛をして欲しいと思っているし、恋愛を楽しんで欲しいって思ってる。
だってたった一度の人生だもの、人間らしくあって欲しいって思わずにはいられない。
でもね、その自由の裏には数え切れないぐらいの代償が潜んでいることを忘れないで欲しい。
その僅かな自由を手にしたいのなら、数多くの代償と背中合わせなんだってことを忘れないで欲しい。
でも、みんながみんな祝福してくれたら幸せなのにね。
そして私自身も彼らの幸せを心から喜べる器の大きいファンになりたいものです。

ま、そんな感じでやってもーたな大倉氏って感じでしたけど、ツーショットよりも何よりも一番やってもーたなだったのはファッションかな。
なんなのさ、あの長い紐は…!
あれなの?あんなダボっとしたラフすぎる格好で紐を長く垂らしておけば芸能人オーラ消えると思ったの!?あえての紐出しなの!?
紐をぶらぶらさせてたらオーラ消える魔法でもかけられるの!?
あのね、ぜんっぜん消えないから!
むしろ目立っちゃってるから!!
ラフなファッション好きなんだろうけどさ、もしかしたら写真撮られるって危機感感じて紐ぐらいしまっておこうよ、大倉くん!!!

あとね、前回もそうだし今回のもそうなんだけど、写真映りの悪さよ…
フライデーさんよ、もっと他にかっこよく映っているものなかったんですかね?
あれがMAXかっこいい大倉くんだったんですかね?
私たちが応援している大倉くんはもっとかっこいいんですけど!!!

そしてもう一個フライデーさんに物申すと、大倉くんの父上にまでインタビューする必要あった?
30代にもなった息子の色恋沙汰質問されて結婚催促とか良い迷惑だから!
この件に関して一番の被害者と言えるのは大倉忠義氏の父・忠司氏でしょうね。うん。

この件について賛否両論多々あるかとは思いますが、私は担降りとかエイター辞めたりとかはこれっぽっちも考えてないので、これからも彼らを応援していく所存でございます!皆様宜しくお願い致します!(なんの宣言)
そして少なからず大倉くんが打撃を受けていることは確かだと思うので、これから忙しくなっていくけど落ち込まずにお仕事頑張って欲しいです!恋も芸の肥やしだって言わせてね!応援してるよ!大倉氏!エイトさん!